博士・修士・卒業論文 / Theses

博士論文

準備中です

修士論文

2020年 

佐藤 菜々. 地域在住高齢者における腰痛および膝痛と歩行パラメータとの関連性

和田 あゆみ. 地域在住高齢者における認知的フレイルと高次生活機能の関連
– JST版活動能力指標を用いた横断研究 –

2019年 

谷口 善昭.地域在住高齢者における骨量および筋量の低下と身体活動との関連性

卒業論文

2020年 

荒 ななみ.認知症予防としてのコグニラダーの有用性の検討

今村 桃子.地域在住高齢者におけるヘルスリテラシーと生活機能の関連性

古川 霞.高齢者における推定最大身長から算出した身長低下と骨量減少および転倒との関連

喜村 優衣.地域在住高齢者における疼痛が生活機能、余暇活動及び心理面に与える影響

2019年 

生野 佐紀.筋量低下を有する地域在住高齢者における主観的健康観に関連する要因

立石 雄真.筋力低下を呈した女性高齢者における歩数と生活空間に影響を及ぼす身体機能の検討

木内 悠人.筋量低下を有する地域在住高齢者におけるαアクチニン3遺伝子多型と大腿部筋量および身体機能の関係

2018年 

野村 悠樹.またぎ動作の見積もりに影響を与える要因について

佐藤菜々.地域在住高齢者における身体活動量と身体機能及び脳容量の関係性