掲載論文(筆頭著者:牧迫飛雄馬教授)がGeriatrics & Gerontology InternationalのTOP DOWNLOADED PAPER 2018-2019に選出されました

Geriatrics & Gerontology Internationalに2018年に掲載された論文(筆頭著者:牧迫飛雄馬教授)が2018年1月から2019年12月の間に公開された論文の中で、オンライン公開後12か月間で最も多くダウンロードされた論文TOP10%に選出されました。

以下、ご参照ください。

Associations of social frailty with loss of muscle mass and muscle weakness among community‐dwelling older adults

ILSIジャパンと共同研究のお知らせ

只今、ILSIジャパンと共同研究を実施しております。

課題名:地域在住高齢者における食行動と身体機能、社会活動ならびに精神的
健康との関連性について

※「すみだテイクテン教室」に参加された皆様へ

詳細は以下のURLをご参照ください。

http://take10.jp/

活動報告

令和元年度たるみず元気プロジェクト健康チェックの結果報告会が9月22日に垂水市文化会館にて開催されました。

垂水市と鹿児島大学が共同で行う「たるみず元気プロジェクト」は、地域住民の健康増進及び介護予防を推進し、健康長寿に関する新しいモデルケースの構築を目指す20年間に渡るビッグプロジェクトです。

健康チェックの内容は、特定検診で行う内容に加え、口腔機能、心理調査、栄養部門などがあり、当研究室は認知機能・運動機能の評価を担当しています。

6月・7月の参加者約260人が結果を受け取り、本プロジェクトの概要や各分野の専門家による具体的なチェック内容・結果の説明を受けました。

報告会について9月26日の南日本新聞で紹介されました。